saicho's playground

バンド/カメラ/楽器/スニーカーなど趣味について書いています。

【PR】あのデータ、もう手遅れ!?データ復元ソフト試してみた

f:id:saicho:20181120225640p:plain

間違えて消しちゃったデータは復活できるのか⁉

みなさんこんにちは。さいちょーです。
先日、EaseUS(イーザス)という企業の方からご連絡をいただきました。
簡単に書くとこんな感じ
「うちのデータ復元ソフト試してみませんか⁉試した感想とかブログに書いてくれたらうれしいです!」
「いいこともよくないことも率直に書いてもらってかまわないです!」

更新頻度があまり高くないブログですが、こうやってご連絡をいただけることはうれしい限り。

実際に試してみることにしました。

  • 今回はソフトのライセンスをご提供いただき、実際に試してみた結果をブログにまとめています。
  • そのため記事タイトル冒頭に【PR】とつけています。

試すのはどんなソフト?

今回ダウンロードしたソフトは「EaseUS Data Recovery Wizard Pro」
jp.easeus.com

以下の2パターンでテストした結果をレポートしていきます。

  1. 撮影中に誤って削除した画像をSDカードからデータ復元できるのか?
  2. 撮影終了後にデータを取り込み忘れて間違えてフォーマットしたSDカードからデータ復元できるのか?

撮影中に誤って削除した画像をSDカードからデータ復元できるのか?

ライブを撮影中の曲間やライブ終了後など、写真をチェックしていると
「これは絶対に採用しないな~」
というボツカットはどうしても出てきます。
写真を選定するときに邪魔になるのでカメラ上で消したりしますが、もしそこで・・・
「あ、ヤバ!いい感じだった写真も勢いで消しちゃった!!」
ということがあったら焦りますよね・・・

さぁ復元できるのか!?

まずはどの写真でチェックするのかを決めました。
f:id:saicho:20181120230940j:plain

この写真、さっそく消しちゃいました。

データ復元にチャレンジ

f:id:saicho:20181120231020p:plain

SDカードをPCが認識している状態でソフトを起動してみます。
上のような画面になるので、SDカードを選択して「スキャン」をクリック。

f:id:saicho:20181120231211p:plain

SDカード内をスキャンしてくれています。
32GBのSDカードをスキャンするのに4~5分かかりました。

さぁ結果は…

f:id:saicho:20181120231407p:plain

復元成功!!
先ほど削除した画像が出てきましたよ

f:id:saicho:20181120231441p:plain

復元したファイルを書き出す場所を選択すると復元完了です。

撮影中に誤って削除した画像をSDカードからデータ復元できるのか?
→できました!

撮影終了後にデータを取り込み忘れて間違えてフォーマットしたSDカードからデータ復元できるのか?

ひとまず、そんなことする⁉ということは置いておいて…

f:id:saicho:20181120231730j:plain

SDカードを初期化しちゃいます!

f:id:saicho:20181120231818p:plain

もう空っぽです。

f:id:saicho:20181120231937p:plain

先ほどと同じように、ソフトを起動してスキャンしてみます。

結果は…

f:id:saicho:20181120231803p:plain

残念・・・

撮影終了後にデータを取り込み忘れて間違えてフォーマットしたSDカードからデータ復元できるのか?
→ダメでした~!

試してみて

今回のテスト結果は以下の通り

  1. 撮影中に誤って削除した画像をSDカードからデータ復元できるのか?
    • データ復元できました!
  2. 撮影終了後にデータを取り込み忘れて間違えてフォーマットしたSDカードからデータ復元できるのか?
    • ダメでした・・・

データを取り込む前に間違えてカードをフォーマットしてしまった経験がないですが、「カメラで画像を削除した勢いで別の写真も消しちゃう」というシチュエーションは経験したことがある人もいるかもしれません。

そういうときのための保険として、まずは無料版だけでもダウンロードしておくと安心かもですね!

※無料版は復元できるデータ量に制限が設けられているようです。
jp.easeus.com

そんな怖い思いはしたくない…!何か対策はないの⁉

  1. カメラのカードスロットがデュアルスロット(SDカードとCFなど)のものを使う
  2. SDカードの予備を持っておいて、次の撮影の時には違うカードを使うようにする

などがよく言われていることでしょうか。

特に仕事としてお金をいただく撮影現場で「カードのデータ消えちゃったんでもう1回ゼロから撮影しなおしていいですか?」
なんていうハメになったら…怖い…

カメラマンのつるたまさんは、カードのデータが消える以外で怖いシチュエーションについて書いています。
camera.one-cut.net

カメラ1台で仕事をしたいと思っている人は要注意ですね…2台目大事!


ということで今回はデータ復元ソフトを試してみました!

記事についてのおことわり
  • 今回の記事は紹介したソフトを使って私が実際に試してみてどうだったのかを書いています。
    • ソフトの性能を断定するものではありません。
    • 今回私が試したシチュエーションと同じ状態を試した際に、今回の記事とは異なる結果となる場合もあるかもしれません。
  • ソフトを実際に試してみる際には事前にカードのデータのバックアップをおすすめします。

野外ライブの撮影に!¥500からできる一眼レフ用雨対策レインカバーの紹介

f:id:saicho:20180808222928j:plain

夏フェスの突然の雨でカメラを壊さないために!

普段ライブハウスで撮影をしていると、基本的に意識することのない雨対策
夏はフェスや野外イベントなど、屋外で撮影する機会がある(あった)人もいるのではないでしょうか?

そこで気になるのが天気…
晴れなら問題ないですが、雨だと不安になりますよね。
そこで、簡易的ではありますが、1台あたり¥500程度でできる雨対策をご紹介します。

その前に…みなさんのカメラやレンズはどんな機種?

お使いのカメラによっては、多少の雨くらいなら大丈夫な「防塵防滴」だったりするかもしれません。
でもレンズはどうでしょうか?

カメラが防塵防滴で、「多少の雨なら大丈夫でしょ!と油断して、レンズが防塵防滴じゃなくて壊れた…なんてことになったらかなりショック
ですよね…

もちろんどちらも防塵防滴だとしても長時間強い雨に打たれ続けたらさすがに壊れます。

そんな不幸を少しでも減らすために、「こんな対策があるんだ~」程度でもいいので頭の片隅にでも入れておいてください。

「OP/TECH Rain Sleeve」

f:id:saicho:20180808223923j:plain
OP/TECH Rain Sleeve(オプテック レインスリーブ)

今回購入したのは「OP/TECH(オプテック)」のレインスリーブという商品です。

【国内正規品】OP/TECH オプテック Rain Sleeve 901322

【国内正規品】OP/TECH オプテック Rain Sleeve 901322

オプテックはカメラ用ストラップが有名な、アメリカのブランドですね。

このパッケージの中に以下のようなレインカバーが2つ入っています。

f:id:saicho:20180808224353j:plain
ピストルのような形をしたレインカバー

¥1,000程度で購入できるので、1枚¥500程度ですね。

質感は少し厚めなビニールです。メーカーの商品説明にも書いてありますが、繰り返し何度も使うようなものではなく数回使ってボロボロになったら買い替える前提のアイテムです。

www.ginichi.com

実際にカメラに付けてみた。

STEP1:取り付け位置調整

f:id:saicho:20180808224830j:plain
ファインダーをのぞくための穴が元々開いています

レインスリーブにはもともと1か所丸い穴が開いています。
これは、アイカップの位置に合わせるためのものです。

カメラからアイカップを取り外して、レインスリーブの位置を合わせる。

f:id:saicho:20180808225149j:plain
位置を合わせたらアイカップをつけてカバーをボディに固定する

そのあと、レインスリーブの上からアイカップをつけなおせばOKです。
※もし取り付けたアイカップがカッチリはまらないようであれば、パーマセルテープなどで固定してあげると安心です。

STEP2:レンズ側を固定する

ボディ側の固定が終わったら、次はレンズ側です。

f:id:saicho:20180808225414j:plain
ドローコードである程度固定が可能

レンズ側の端についているドローコードを締めることで、ある程度の固定が可能です。

ただ、この状態だとレンズフードの形状的にどうしてもズレます。

f:id:saicho:20180808225828j:plain
ズレないようにパーマセルテープでさらに固定

気になる場合はパーマセルテープで補強してさらにズレにくくしてあげればOKです。

【疑問】ストラップってどうするの?

このレインスリーブ、ファインダーをのぞくとき用の穴以外は特に空いていません。

そのため、ストラップをつけたまま使用したい場合にはストラップ用の穴をあける必要があります。

f:id:saicho:20180808230207j:plain
ストラップを通すための穴は自分で空けました

私はハサミで切れ目を入れて、穴が広がらないようにテープで補強することにしました。

そうすることで、ストラップを通した状態でも使うことができます。

f:id:saicho:20180808225944j:plain
ストラップを通すための穴は自分で空ける必要アリ

レインスリーブ、サイズはどのくらいまで合うの?

f:id:saicho:20180808230341j:plain
70-200mmの望遠レンズも使えるレインスリーブ

今回買ったレインスリーブは、標準ズーム~望遠ズームくらいまでが想定されているようです。
レンズの長さが短い場合は、これだとちょっと大きいかもしれません。

その場合はこのレインスリーブのボディ側の余りを少しカットしてあげるといいそうです。

レインスリーブは以下のラインナップが用意されています。

  • 標準ズーム~望遠ズームを付けて使いたい
    • レインスリーブ(このブログで紹介したもの)
  • クリップオンストロボを付けた状態で使いたい
    • レインスリーブ フラッシュ
  • ミラーレスなどの小さめなカメラが使いたい
    • レインスリーブ スモール
  • 600mmなどの超望遠レンズを付けて使いたい
    • レインスリーブ メガ

もしもの時の備えとして、カメラバックに忍ばせておくといいと思いますよ!

【国内正規品】OP/TECH オプテック Rain Sleeve 901322

【国内正規品】OP/TECH オプテック Rain Sleeve 901322

OP/TECHレ カメラレインカバー 901421

OP/TECHレ カメラレインカバー 901421

【国内正規品】OP/TECH オプテック レインスリーブスモール 9001022

【国内正規品】OP/TECH オプテック レインスリーブスモール 9001022

使うかわかんないものにそんなにお金かけられないよ!という方に

実は100円均一などで売っているシャワーキャップがレインカバーの役目をはたしてくれます!

そのあたりはstudio9さんで解説されているのでぜひ見てみてくださいね!
photo-studio9.com

みなさんの機材が突然の雨で壊れないことを祈ります!

収納力バツグンのマンフロット Manhattan ムーバー50バックパック レビュー

f:id:saicho:20180801233313j:plain

機材の整理がしやすいバックパックがほしい!

普段は大量の機材をキャリーに詰め込んで撮影に向かっています。

ですが、撮影シーンによってはもう少し機材を絞り込んだり、フットワーク軽く移動できるようにしておきたいこともあります。

これまでは、普段使いのバックパックにインナーケースを使って持ち運んだりもしていました。

機材の数が少ないときはインナーケースでも大丈夫でしたが、機材が増えてくると出し入れがやっぱり不便。

そこで、新しくカメラ用バックパック(カメラリュック)を導入することにしました。

調べれば調べるほど、ドツボにハマっていく中、厳選に厳選を重ねて選んだのが今回のバックパックです。

バックパック選びの条件

今回自分の中で決めていた条件は以下の通り

  • 機材がたくさん入る
    • ボディ2台・レンズ3~4本・ストロボ・ノートPCは最低でも
  • 三脚が付けられる
  • バッグ自体が重くない(2kg以下)
  • 真っ黒じゃない
  • 予算は2万以内

これを元に、ネットで色々調べて候補を絞り込んだ上で実際に店頭で商品を見て決めました!

マンフロット Manhattan ムーバー50 バックパック

f:id:saicho:20180801234519j:plain
今回選んだのが、マンフロットのバックパックです。

「Manhattanコレクション」という、2017年に発売されたカジュアルデザインのモデルです。

黒じゃないのが個人的には好印象。

f:id:saicho:20180801235230j:plainf:id:saicho:20180801235218j:plain
収納力を優先したので結構大きいんですが、ウェストベルトも付いているので実際に機材を入れて熱いで見ても思ったより重さは感じません。

メインの収納部分

f:id:saicho:20180801235651j:plainf:id:saicho:20180801235609j:plain
バッグの上部を開けると、「2気室仕様かな?」と思いますが、実はそうではありません(後ほど紹介します)

f:id:saicho:20180801235957j:plain
メッシュポケットがついているので、ここには予備のSDカードなどのメディアやレンズ用のクロスなどのアクセサリを入れられます。

実は取り外せるカメラ収納部分

f:id:saicho:20180802000131j:plain
先ほど「2気室仕様かな?」と思ったカメラ収納部、実はこんな風にバックパックから取り外せるんです。

カメラ収納部自体が2か所からアクセスできるようになってるから2気室仕様に見えたんですね。

f:id:saicho:20180802000306j:plain
仕切りはそれぞれ両端がマジックテープになっていますので、自由に場所の変更が可能です。
持っていきたい機材に合わせて仕切り位置を調整すればOKです。

f:id:saicho:20180802000542j:plainf:id:saicho:20180802000547j:plain

カメラ収納部はメッシュケースになっており、上部には取っ手がついていますので、これだけでもちょっとした持ち運びは可能です。

実際に機材を入れてみた!

f:id:saicho:20180802000737j:plain
上の写真は以下の機材が入っています。

  • 一眼レフカメラ×2
  • レンズ×3(広角・標準・望遠)
  • ストロボ×2
    • 2台を重ねて入れてあります

写真では見えない部分(バッグにつけた時の上部)にはまだ何も入れていませんので、さらにカメラとレンズ1台ずつくらいなら余裕で入りそうです。

f:id:saicho:20180802001255j:plain
カメラ収納部をバックパックに取り付けると、背面からアクセスが可能です。

移動しながらカメラを取り出してすぐ写真が撮りたいという人は、収納時点でよく使うレンズをカメラに取り付けておくと便利ですね。

そのほかの収納部分をチェック

PC収納スペース

f:id:saicho:20180802001747j:plain
バックパックを背負った時の一番外側にはPCやタブレットが収納できるスペースが用意されています。

f:id:saicho:20180802001446j:plain
アダプタと一緒にPCバッグに入れた状態でも余裕をもって入れることができました!
折り畳みのレフ板とかも入りそうです。

個人的にはここのスペースがしっかり外側についていたことが決定打でした!
※内側についていると、カメラ収納部に干渉してアダプタ込みだと入らなかったりするので。

サイドポケット

f:id:saicho:20180802001907j:plain
右側面にはポケットが付いてます。
ペットボトルや折り畳み傘、もしくはクリップオンのストロボをすぐ取り出せるように入れておいても良さそうです。

上下のポケット

f:id:saicho:20180802002153j:plainf:id:saicho:20180802002155j:plain

上下にもポケットが付いていますが、スペースはあまりありません。
下ポケットは三脚を取り付けるときに使いますが、上のポケットは個人的には使い道はそんなにないのかな…?と思いました。

付属のレインカバー入れになりそうです。

f:id:saicho:20180802002346j:plain
三脚を取り付ける際にはストラップがあるのでしっかり固定できますね。

マンフロット Manhattan ムーバー50 バックパックの魅力おさらい

  • 収納力バツグン!
    • カメラボディ3台、レンズ4本、ストロボ2台、ノートPCは問題なく収納できる。
  • カメラ収納部が取り外し可能
    • キャリーを使うときに着替えとか入れるバッグにもなります。
  • バックパック
    • 移動手段に自転車が選べる
  • 値段も手ごろ
    • 16,000~17,000くらいで買えます。

www.manfrotto.jp

他に候補になったバッグ

Endurance カメラバッグ

カメラを複数台持ち運ぶ想定だったので、収納力がもう少し欲しいなってことで今回は候補から外れましたが、めちゃめちゃ良さそうです。

独自設計!普段使いもできる最高の大容量カメラバッグを作ってみたよ!Endurance de Stockage | studio9

GRAPH GEAR NEOプロカメラバックパック

最後まで迷っていたのがコレ。
価格も手ごろ(¥13,000くらい)実物が見れず、断念。

LOWEPRO フリップサイド400AW II

バックパックの定番。収納力とPC収納場所がケース内側だったので候補からは外れました。

バックパックを選ぶポイント!!

  • 持っていきたい機材がすべて入りそうか?
    • カメラは何個持っていく?レンズは?ノートPCは?着替えは?
    • 特にPC収納スペースは実際に見てチェックすることをオススメします。
  • バッグを背負ったまま機材の出し入れをしたいか?
    • サイドポケットから直接カメラを取り出せる仕様のバッグもあります。
  • 見た目は好みか?
    • コレ大事!長く使うものなので

実際に実物が見れるなら、絶対に見てから買った方がいいです。
もし実物が見れない場合はレビューしている人がいないか検索してみてください!

みなさんのケース選びの参考になれば幸いです。

ライブハウスで撮影する前に確認しておきたい、カメラの基本設定まとめ

f:id:saicho:20180408222526j:plain

その設定もれ、誰かの迷惑になってるかも!?

音楽が好きで、一眼レフカメラやミラーレス一眼レフカメラを手にしたらライブハウスで写真を撮ってみたくなると思います。私がそうでした。

カメラを買ったばかりだったり、カメラの設定を特に変えていない状態だと、実は周りの方や出演者の方の迷惑になってしまう可能性があります。

Google検索で「ライブカメラマン」と検索しようとすると「ライブカメラマン 邪魔」と候補に出てきてしまうくらい、そう感じている人がいるんだと思います。

今回は、カメラ本体の設定を中心に「ライブハウスで写真を撮る前に確認しておきたいこと」をまとめてみます。

  • 撮影時の設定(ISO感度・絞り・SS)についての記事ではありません。ご注意ください。

紹介するのは『AF補助光』『液晶モニター』『時計』の3つです。

  • 私が使っているのはCanonの一眼レフなので、お使いのカメラとは設定の名称・操作方法が異なる場合があります。

要確認その1:暗いところで勝手に光る!?AF補助光

自動でピントを合わせてくれる、オートフォーカス(AF)は便利ですが、暗いところだとなかなかピントが合いません。
暗いところでもピントをしっかり合わせられるように、カメラが発光してオートフォーカスのピント合わせを補助する光(AF補助光)が発光することがあるんです!

  • 注)カメラ本体からAF補助光が発光するのは入門機や中級機が多いです。
    • Canonの場合はEOS KISSシリーズやEOS 9000D、EOS 8000D、EOS 80Dなど

演奏している人からも、ライブを見ている人からも「いきなり目の前でライブと関係ない光がピカピカ!」って嫌ですよね。

なのでライブハウスで撮影するぞ!という方はAF補助光が発光しないように設定をしましょう!

設定方法を解説!と言いたいところですが…

カメラ本体でAF補助光が発光する機種が今手元にありませんでした…
Canon公式のQ&Aがあったので貼っておきます。

Canon EOS 8000D / EOS Kiss X8iでAF補助光をOFFにする方法

cweb.canon.jp

Canon EOS 80DでAF補助光をOFFにする方法

cweb.canon.jp

要確認その2:実は結構光ってる、液晶モニター

f:id:saicho:20180408225354j:plain

みなさんが普段カメラの電源をONにしたときって背面の液晶モニターってどうなってますか?

上の写真のように、カメラの設定が表示されている状態の人が多いのではないでしょうか?

この状態、暗いライブハウスの中だと結構目立つんです。
映画館で映画を見ているときに、スマホを見ている人がいると気になっちゃうのとおんなじですね。

あと、この状態で電源を入れたままにしていると電池の消費が早いです。

常に光っている必要がない液晶モニターはOFFにしちゃいましょう!

液晶モニターをOFFにしよう!

f:id:saicho:20180408225858j:plain
液晶モニターをOFFにするには、カメラ背面の左上にある『INFO』ボタンを1回押せばOKです。
(上の写真の状態からの場合)

f:id:saicho:20180408230207j:plain

普段、「すぐ電池なくなっちゃうな~」って人はこれをやるだけでもだいぶ電池の持ちがよくなりますよ!

液晶モニターの明るさ調整もするとさらに良し!

f:id:saicho:20180408230400j:plain
上のように液晶モニターをOFFにしても、撮影した写真を確認したい時には必ずモニターが光ります。

その時のためにも、明るさも調整しておきましょう。

液晶モニターの明るさは「MENU」ボタンから「液晶の明るさ」という項目を操作することで調整できます。

明るさを「自動」にしてしまうと、暗いライブハウスの中では明るく光ってしまうので、「手動」で調整しましょう。

要確認その3:時計合ってますか?

f:id:saicho:20180408230804j:plain
これをやってないと撮影後に後悔します。
時間だけじゃなく、「年月日」もちゃんと確認しておきましょう。
年の確認を忘れて、PCにファイルを取り込んだときに画像が1年前の日付になってたら笑えません。

特に、ライブハウスで活動するカメラマンになりたい!という人はいつか2台目・3台目のカメラを手にする時が来ると思います。

その時もすべてのカメラの時間がきっちり合っているかを『毎回必ず!』確認しましょう。
じゃないと後で写真を選ぶ時に順番がバラバラになって困ります(結構笑えない)

ほかにも色々あるけどまずはこの3つ!

いかがでしたか?
「こんなこと当たり前じゃん!」という人も多いと思いますが、ライブハウスに行って写真を撮ってる人を見ると意外とやってないな~と感じます。

  • 撮影したいバンド・アーティストさんに『事前』許可を撮る
  • 会場のスタッフさんや共演の方に挨拶をする
  • お金を払ってライブを見に来ているお客さんの迷惑にならないような撮り方を心掛ける

などなどよく言われていることはありますが、今回のようなカメラの設定が原因で、自覚のないところで周りの迷惑になってしまっているかもしれません。

ぜひライブハウスで写真を撮りたい!という方は自分のカメラの設定をチェックしてみてくださいね!

ライブ写真を撮り始めてからの機材遍歴はこちら

saicho.hatenablog.com

GIZMON Utulensで「写ルンです」気分をミラーレス一眼で楽しもう!【撮影サンプルあり】


どうも!さいちょーです。
カメラ好きの中で発表から話題沸騰中の、ミラーレス一眼用レンズ GIZMON Utulens

発売日に見て「仕事終わって帰ったら注文しよ〜」なんて呑気に構えていたら即完売。
すぐ発売元GIZMONのLINE@に登録して、再入荷分を購入することができました。

FUJIFILMのミラーレス一眼 X-T1を持っているのでFUJI XFマウント用を購入しました。

何枚か写真を撮ってきたので、紹介したいと思います。

GIZMON Utulens

Utulensは紙筒にパッケージされて届きました!

早速開封。中に入っていたものが冒頭の写真でした。

  • Utulens レンズユニット
  • L39 ミラーレスマウント
  • スキンシール(4種類)
  • ポーチ
  • 取扱説明書(兼 保証書)

早速レンズ、マウントをチェック


レンズはその名の通り、「写ルンです」のレンズを使用しています。


プラスチック製の非球面メスカスレンズ


レンズ1枚という、非常にシンプルな構造です。

スペックは以下の通り

焦点距離 単焦点 f=32mm
絞り F16(絞り固定)
フォーカスレンジ 1m~∞

つぎはマウント。実はライカのLマウントのレンズが使えるようになるアダプタです。

L39-FXはL39マウントのレンズをFUJIFILM XFマウントで使えるようにするためのアダプタですね。

と、いうことはマウントを買い換えれば違うミラーレス一眼でも Utulensが使えるようになるんです。
あとはライカのLマウントのレンズも使えるようになってしまいました…沼の入り口じゃないといいのですが笑


マウントはネジこみ式になっています。


このように、レンズをマウントアダプタにネジこんで接続します。

レンズユニットを緩めると近くの場所にもピントが合うようになります。
撮りたいものに合わせて調整しましょう。

UtulensをFUJIFILM X-T1に装着


Utulensはパンケーキレンズなので、カメラに付けても非常にコンパクトなのも特徴です。


私は後付けのグリップを付けていますが、これがないとかなりコンパクトになります。

ボディが真っ黒なので、付属のスキンシールは使いませんでした。

色々な角度から見てみます。


ちなみにレンズキャップは付属しませんのでご注意ください。
持ち運びはポーチなどに入れるとより安心ですね。

撮影前の注意

他のメーカーはわかりませんが、FUJIFILMの場合は 「レンズなしレリーズ」をONにしておかないと Utulensを付けた状態でシャッターが切れません。

撮影メニュー3の一番下に設定があります。(X-T1の場合)

どうやってピントを合わせるの??

Utulensはパンフォーカスなので、フォーカスレンジである、1m以上離れていれば大体ピントが合うようになっています。

とはいえ、レンズをきっちりマウントにネジこんでいる状態だと近くの被写体に実はピントが合いません。

その時は下の写真のように、少しレンズをマウントから緩めてあげればOKです。

もし、撮る前に撮りたい被写体にピントが合っているかを見たい場合は次の機能が有効です。

MFアシスト フォーカスピーキング

フォーカスピーキングとは、以下のようなことを言います。

コントラストの高い輪郭部分が強調されます。
撮影したい被写体が強調されるように調整してください。
FUJIFILMホームページから抜粋

この機能をオンにすれば狙った被写体にピントが合っているかを確認してから撮影が可能です。

まずはフォーカス設定がマニュアルになっているかを確認します。

X-T1の場合はボディ前面にある写真のツマミが「M」になっていればOKです。

次はマニュアルフォーカスアシスト設定を変更します。

撮影メニュー4 > MFアシスト を選択します。


次にフォーカスピーキングを選択します。


最後にピントが合っている位置を何色で表示するかを選択します。

以上で設定は完了です。
これならより安心して撮影することができますね!

Utulens×FUJIFILM X-T1で撮影した写真

早速出かけて写真を撮ってきたので何枚か載せてみます。
※フィルムシミュレーションはクラシッククロームを使用
※撮影後の編集はなしの撮って出し画像

F16と非常に暗いレンズですが、ISO感度シャッタースピードの調整ができるので、朝〜夕方頃まではストロボ無しで全く問題なしです。









どうでしょうか?純正レンズでは得られなかった独特の風合いが気に入りました。

写ルンですの世界を簡単に感じることができるレンズ、とてもいい感じです。
Wi-Fi搭載のミラーレスであれば、撮った写真をすぐスマホに転送して使えるのも便利ですね!

写ルンですではできないISO感度シャッタースピードの変更も可能なので、写ルンですでは写せなかったシーンもUtulensなら写せちゃいます。

対応のミラーレス一眼を持ってる人はぜひ買ってみては??

GIZMON Utulensはどこで買えるの!?

UtulensはGIZMON公式ショップの「ギズモショップ」で購入可能です。
写ルンですのレンズを再利用して生産している関係で、大量生産は難しいようです。
発売直後に完売し、私は2回目の生産で購入できましたがそれも完売しています。

もしサイトを見たときに売り切れだった場合はお店のTwitterやLINE@を登録しておくのがオススメです!

www.gizmoshop.jp

【追記】Amazonでも買えるようになってました!

しかも単焦点広角レンズバージョンも登場しています。
リンク先から各マウント用が選べますよ~!


すでにUtulensを購入した人達にはTwitterInstagramなどで「 #Utulens 」のハッシュタグで写真を投稿している方が多いです。

twitter.com

www.instagram.com

色々な人の写真を見てみて気になったら、ぜひ手に入れてみて下さいね!

※今回の白背景の写真は、100円ショップに売っているもので作った自作の撮影ボックスで撮影しています。
saicho.hatenablog.com